Charlie's Cocktail BAR

  • −お酒は責任のとれる範囲で飲みましょう−

[玄関] [履歴] [メニュー] [検索] [本棚] [カクテル講座] [はばかり] [はしご]

はじめに用意したい五本の酒(5)

ミント・リキュール

カルーアやコアントローのような図抜けた存在は見当たりません。

人気の点ではジェットとかゲットとか呼ばれる石油ランプの形をした(あるいはひょうたん型と言ったほうがわかりやすいかもしれない)リキュールが頭ひとつ抜け出している感がありますが、リキュールをつくっている大手メーカーであればたいていのところがミント・リキュールを売り出しています。

だいたい各社とも緑色のリキュールと無色のリキュールをそろえていますが、味の点では大差ないのがふつうで、たいていはカクテルの色の都合で使い分けます。

この講座ではベースに無色の酒を選んでいるので、ミント・リキュールは色付きの方が見栄えがよいでしょう。

ブランドは、一応サントリーが輸入しているペパーミント・ジェット27を推薦しておきますが、まずは手に入るものを使ってください。

価格的には、ペパーミント・ジェットで定価が2310円(2001年度現在)、首都圏での実売価格は少し下がってきたので安いところでは1000円台の半ばで手に入ります。

その他の銘柄でも、メーカーによって価格は変わってきますが、安いもので1000円、高くても3000円程度を見込んでおけば大丈夫でしょう。

−★−

この原稿は役に立ちましたか? オンラインでの「立ち読み」でご満足いただけましたら一冊お買いあげいただければ幸いです

page:
Permalink | 2005/08/15 08:59


Cha.への伝言板

ボケでもツッコミでもご自由に。質問がある方もこちらへどうぞ。
でも、仮名で結構ですからお名前くらい教えてくださいね