Charlie's Cocktail BAR

  • −お酒は責任のとれる範囲で飲みましょう−

[玄関] [履歴] [メニュー] [検索] [本棚] [カクテル講座] [はばかり] [はしご]

氷について(3)

コンビニなどで売られているロックアイスは、手軽さでは一番でしょうが、メーカーによって氷の大小や形にいくぶんの差が見受けられます。

カクテルをつくる段階では、粒の大きな(ただし大きすぎない)、丸い、霜のついていない氷が一番便利。平たい氷や小さな氷は、シェイク(あるいはステア)している最中に割れやすいので、なるべくなら避けてください。

というか、グラスに直接入れる氷であれば多少のいびつは問題ありませんから、優先的にそちらに回すことをおすすめします。

いずれにしても、袋詰めのロックアイスの欠点は霜がつきやすいこと。冷凍庫の開け閉めを繰り返しているうちに、もともとの氷の粒のまわりに小さな氷クズがびっしり張り付いていることも珍しくはありません。

小さな氷ほど早く溶けるというのは常識ですし、早く溶けるということは早く冷えるということですが、溶けてしまった氷はカクテルを薄めるただの水にすぎません。

詳しくは上級編で触れますが、ここでは氷の状態がよくないときにはまず氷の手入れをした方がよいということだけ覚えておいてください。

−★−

この原稿は役に立ちましたか? オンラインでの「立ち読み」でご満足いただけましたら一冊お買いあげいただければ幸いです

page:
Permalink | 2005/08/15 08:59


Cha.への伝言板

ボケでもツッコミでもご自由に。質問がある方もこちらへどうぞ。
でも、仮名で結構ですからお名前くらい教えてくださいね