Charlie's Cocktail BAR

  • −お酒は責任のとれる範囲で飲みましょう−

[玄関] [履歴] [メニュー] [検索] [本棚] [カクテル講座] [はばかり] [はしご]

よりよく飲むために(6)

そこで問題になるのがバーテンダー、あるいはバーテンダーのかわりをする自分の「余裕」というのか、「自制心」というのか。

たとえば、余裕がないというのか、きまじめというのか、お店の短期的な売り上げだけを考えているわけでもないのでしょうが、自分だけでは飲み手をなごませることができないから、ひたすらお酒を売ろうとしているのではないかと思われるようなバーテンダー氏がいます。

グラスが空になろうものなら、即座に「次、おつくりしましょうか」

まあ、問いかけてくれるだけマシなのかもしれませんけれど、こういうバーテンダー氏は人のかたちをとったアルコールの誘惑、衝動とでもいうべきもの。

飲み手がヒトではなくサルであったら、そのまま疑問を持たずにアルコール中毒へとまっしぐらです。

自宅で、自分一人で飲むときもそう。グラスが空になるや間髪入れずに「次をつくらなければ」と思うようでは、もうお酒に対する自制心が失われている、つまり精神的なアルコール依存症になっているとみなされても仕方ないでしょう。

page:
Permalink | 2005/08/15 08:59


Cha.への伝言板

ボケでもツッコミでもご自由に。質問がある方もこちらへどうぞ。
でも、仮名で結構ですからお名前くらい教えてくださいね