Charlie's Cocktail BAR

  • −お酒は責任のとれる範囲で飲みましょう−

[玄関] [履歴] [メニュー] [検索] [本棚] [カクテル講座] [はばかり] [はしご]

カクテルの事典

カクテルの事典

澤井慶明
成美堂出版
1996.2
ISBN: 4-415-08348-X
1300円(内税)
一冊目としては良書かも

[AMAZON_JPの情報を見る]



初版から十年もたったいま、わざわざおすすめするほどの内容ではありませんが、一冊目としてはなかなかの良書と思います。

掲載数は133。このクラスとしてはごく標準的なセレクションですが、材料別の索引を揃え、また簡単とはいえ特にコーナーを設けて酒の紹介をしているなど、自分でカクテルをつくる(ために酒を買う)人に対する配慮が見えます。

カクテルをつくる上でのポイントはもちろんのこと、ネーミングのこと、スタイルのこと、その他小説や映画に関する雑学的情報もなかなか豊富で、漫然と読んでいるだけでも結構楽しめるのではないでしょうか。

これでコアントローとホワイト・キュラソーを別項目として立てているとか「適量」という言葉を使っているとかがなければ完璧なのですが、ここまで要求するのはいささか酷かも。

ただし、ウチでいま索引を用意してある23冊のカクテル本のうち、この本にしか出ていないというカクテルはありませんから、二冊目以降に買う本ではないですね。

[索引を見る]

Permalink | 2005/08/15 08:59


Cha.への伝言板

ボケでもツッコミでもご自由に。質問がある方もこちらへどうぞ。
でも、仮名で結構ですからお名前くらい教えてくださいね