Charlie's Cocktail BAR

  • −お酒は責任のとれる範囲で飲みましょう−

[玄関] [履歴] [メニュー] [検索] [本棚] [カクテル講座] [はばかり] [はしご]

アレクサンダー / Alexander

氷を詰めたシェイカーにブランデーとカカオ・リキュール、生クリームを入れ、強くしっかりとシェイク。

好みに応じてナツメグなど振りかけてもよいでしょう。

最近のケーキはどうも酒が勝ちすぎて下品になったと、個人的には思っていますが、上手に使えば酒もクリームの臭み消しにはもってこいでして。

チョコレートケーキのようなアレクサンダーは、なるほど飲めなかった奥さんに与えるにはうってつけのカクテルと思います。

もともとはこれ、アレクサンドラという女性の名前をとったものであって、呑兵衛の歴山大王とは無縁である、というのもよく知られた話になりました。
まあ、辛口一辺倒の男性には向かないカクテルではあると思います。

Gumiさん、リクエストありがとうございました。

さて。

カカオ・リキュールはクレーム・ド・カカオと呼ばれることの方が多いかもしれません。たいていはチョコレート色をしているものですが、ホワイトと称して無色透明のものが数社から出されています。

普通は色のついた方を使うようですが、個人的にはホワイトの方が綺麗で好きです。

基本のレシピはブランデー、カカオ、クリームとも同じ分量というものですが、これだといささか甘くなりすぎるように思います。
かといって、ブランデーの量を半端に増やすと今度は下品なケーキ用クリームのようになって野暮ったいと、ぼくは思うのですけれど、これは好みの問題なのでしょう。カカオ・リキュールの甘味はメーカーによってかなり異なりますので、ことによるともっと辛口に作った方がうまく感じられるものもあるかもしれません。

クリームが入っているのでシェイクは強く。後始末は早めにしましょう。

ナツメグは、これも完全に好みの問題。ただ、基本的にはクリームの臭み消しに使うものなので、酒とクリームのバランスがとれていれば不要です。

参考資料

Permalink | 2005/08/15 08:59


Cha.への伝言板

ボケでもツッコミでもご自由に。質問がある方もこちらへどうぞ。
でも、仮名で結構ですからお名前くらい教えてくださいね