Charlie's Cocktail BAR

  • −お酒は責任のとれる範囲で飲みましょう−

[玄関] [履歴] [メニュー] [検索] [本棚] [カクテル講座] [はばかり] [はしご]

フライア・タック / Friar Tuck

氷を詰めたシェイカーにフランジェリコ、レモンジュース、グレナディン・シロップを入れて、シェイク。

飾るならオレンジ・スライスなのですが、なくても問題ないと思います。

friar はそもそも「托鉢修道士」という意味なのですが、Friar Tuck というのはロビンフッド伝説などに登場する、タックという名の太った修道士のことであるそうな。なんとなくすらりとして女性的な印象を受けるフランジェリコの瓶を思うとミスマッチの感もなくはないですが、どんな外見をしていようとも、坊主と酒は切り離せません。

どなたのリクエストかはわかりませんが、ともあれフランジェリコのリクエストありがとうございました。

さて。

ジュースの入ったカクテルはシェイクしすぎると苦くなるとはよく言われることなのですが、ことフランジェリコなどナッツ類のリキュールが入ると苦みが強調されてしまう気がします(気のせいかしら)。
なんて、実に久しぶりに「振った」ので、ぼくの勘が狂っていただけだったりして。
ともあれ、シェイクは軽め軽めを心がけましょう。

レシピ集にはよくレモンジュースが三分の一と書いてありますが、ぼくにとってはいささかレモンの酸味が勝ちすぎるように思いましたので、少し減らしてみました。

グレナディンは、甘味というよりは色を調整するだけのもの。1tspにこだわらず、好みの色になる程度に入れてください。

もちろんフランジェリコのかわりに別のヘーゼルナッツ・リキュールを使ってもよいと思います。フローレンツァを使うと、もっと女性的な味わいになるかもしれませんね?!

参考資料

Permalink | 2005/08/15 09:00


Cha.への伝言板

ボケでもツッコミでもご自由に。質問がある方もこちらへどうぞ。
でも、仮名で結構ですからお名前くらい教えてくださいね