Charlie's Cocktail BAR

  • −お酒は責任のとれる範囲で飲みましょう−

[玄関] [履歴] [メニュー] [検索] [本棚] [カクテル講座] [はばかり] [はしご]

グラスホッパー / Grasshopper

氷を詰めたシェイカーにミント・リキュール、カカオ・リキュール、生クリームを入れ、強くしっかりとシェイク。

飾りは特に必要ないですが、グラスの縁にミント・チェリーなどをあしらってもよいかと思います。

グラスホッパーと言えばキリギリス。

子供向けにやさしく書き直された絵本の中では、キリギリス氏はバイオリンを弾いていました。もちろん例のイソップ物語。本当はキリギリスではないはずなのですが、どこでねじれてしまったものやら。おかしなことです。

ともあれ、このキリギリスさんはケーキのような甘口カクテル。少しばかり手間がいりますが、食後のひとときにどうぞ。

さて。

ミント・リキュールはクレーム・ド・マント(メンテと書いてあることもある)ないしペパーミント・リキュールとも呼ばれます。無色透明のものもありますが、グラスホッパーに使うのは緑色の方です。

同様にカカオ・リキュールもクレーム・ド・カカオと呼ばれることの方が多いかもしれません。たいていはチョコレート色をしているものですが、ホワイトと称して無色透明のものが数社から出されています。イナゴのようなグラスホッパーにしたくなければホワイトの方を使ってください。

ふつうのレシピではミント・リキュールと同じ分量になっていますが、少なめにした方が甘すぎず、ミントのすっきりした感じが活きると思います。

生クリームは、脂肪分が四十パーセントを越えるようなもののときには心持ち控え目に使った方が飲みやすいでしょう。賞味期限には注意すること。

後はきちんとシェイクを強く長めにしておけばうまいグラスホッパーができるはずですが、最後にひとつだけ、生クリームを使っているので道具、グラス類の後片付けは早めにしましょう。かなり脂っぽくなっているので洗剤でよく洗ってください。

参考資料

Permalink | 2005/08/15 08:59


Cha.への伝言板

ボケでもツッコミでもご自由に。質問がある方もこちらへどうぞ。
でも、仮名で結構ですからお名前くらい教えてくださいね