Charlie's Cocktail BAR

  • −お酒は責任のとれる範囲で飲みましょう−

[玄関] [履歴] [メニュー] [検索] [本棚] [カクテル講座] [はばかり] [はしご]

グロッグ / Grog

耐熱性のグラスにラムとシロップを注ぎ、スライスしたレモンを入れ、お湯を足す。数回ステア。

好みに応じてレモンにクローブを刺したり、シナモンスティックを入れる。
苦みが気になるときはレモンの皮をむいておくか、香りがついた時点で取り出してしまうとよい。

「グロッキー」と日本語では言いますが、本当は「グロッギー」と言うべきところ。

このグロッグというカクテルは、そんなグロッギー気味の方にもおすすめしたいホット・ドリンクの一です。

とかく冬、あったかい飲み物を、となるとまず燗酒が思い出されるものですが、バーにだってあたたかい飲み物はおいてあるのです。この寒い時期にカクテルはないだろうと敬遠しないで、ちょっと一杯という気分のとき思い出していただければ幸いですね。

さて。

ホット・ドリンクはあたたかさをどれだけ保てるかが勝負どころ。
グラスをあらかじめあたためておくのは言うまでもないことですが、もし丸のままのレモンからスライスしようとしているときはレモンをぬるま湯につけておくと効果的です。
これはさらにレモンの果汁が出やすくなるというメリットもあって、一石二鳥。

耐熱グラスは、いささか高くなりますが、ホルダーが別についているタイプが便利ですね。

レモンの皮をむくかどうかは賛否両論ですが、味の点から言えばむいた方が、見た目の点から言えばむかない方がよいでしょう。ただし、残留農薬が気になるという方もいらっしゃるので、どなたかに飲ませるときはむいた方が無難です。
取り出すという選択肢もないではないですが、取り出したものをどこにおくかということを考えると、あまりおすすめはできません。

シロップは、ふつうのガムシロップなどでも結構ですが蜂蜜を使うのも一案です。

念のため、クローブはかじると苦いのでご注意をば。

参考資料

Permalink | 2005/08/15 08:59


Cha.への伝言板

ボケでもツッコミでもご自由に。質問がある方もこちらへどうぞ。
でも、仮名で結構ですからお名前くらい教えてくださいね