Charlie's Cocktail BAR

  • −お酒は責任のとれる範囲で飲みましょう−

[玄関] [履歴] [メニュー] [検索] [本棚] [カクテル講座] [はばかり] [はしご]

ホット・ショット / Hot Shot

耐熱性のショットグラス、あるいはデミタスカップに濃く淹れたコーヒーを注ぎ、スプーンの背などを使ってそっと生クリームをフロート。ガリアーノを、コーヒーやクリームとは混ざらないように静かに底に沈める。

ガリアーノとコーヒーを分離させられない、あるいはさせる必要がない(デミタスカップを使うときなど)ときは、ガリアーノを先に注ぎ、コーヒーを加え、クリームをフロートさせてもかまいません。

ホット・ショットを飲んで「ほっとしよっと」なんて、くだらない洒落のひとつも言いたくなるお遊びカクテル。とはいえ味の方はなかなかいけます。

これはルスツリゾートで飲んで以来ずっと探していらしたという渡辺隆之さんのリクエストより。駄目でもともとのつもりで直接ホテルに問い合わせてみたら実に丁寧なお返事をいただきました。関係の皆様にはこの場であらためてお礼申し上げます。

なにはともあれ食後に濃いのをクイッと一杯。きっと満ち足りた気持ちになれますよ。

さて。

名前からして一気に飲んでしまうカクテルなので容器は極力小さいものを選んでください。普通のショットグラスではコーヒーを入れたときに割れてしまう可能性が高いので、最初からデミタスカップなどを利用した方が安全ですし、なによりつくるのが楽でよいです。

コーヒーは、どろりとするくらい濃く入れたエスプレッソが一番ですが、苦味の強い深煎りタイプなら大丈夫。薄いと腰砕けの感じになります。クリームは、好みに応じてホイップしてもよいでしょう。

ガリアーノは、コーヒーと同量くらいでも悪くありません。ガリアーノの代わりに、やはりイタリア名産のサンブーカというリキュールを使うこともあります。

参考資料

Permalink | 2005/08/15 09:00


Cha.への伝言板

ボケでもツッコミでもご自由に。質問がある方もこちらへどうぞ。
でも、仮名で結構ですからお名前くらい教えてくださいね