Charlie's Cocktail BAR

  • −お酒は責任のとれる範囲で飲みましょう−

[玄関] [履歴] [メニュー] [検索] [本棚] [カクテル講座] [はばかり] [はしご]

キングズ・バレイ / King's Valley

氷を詰めたシェイカーにスコッチ・ウイスキーとホワイト・キュラソー、ライムジュース、ブルー・キュラソーを入れて、シェイク。

飾りは特に必要ありません。

キングズ・バレイ。王の谷。

王家の谷、とするとなんだか映画のタイトルみたいだなあと思ったのですが。

実はこれ、本当はKings of Valley「谷の王者」のつもりでつけられた名前であったのだそうで、もちろん谷とはゲール語で言うところのグレン(リベットとかフィディックが後につきますね)とかストラス(これはもうアイラでしょう)のつもりなのでしょうけれど。

それを言うなら (The) King of the Valleys あたりが妥当でしょうに。なんだかヤブヘビな名前の由来であります。

もっとも、そう言えば作者である上田和男氏のカクテルブックには「キングス・バレイ」などと書いてありますね。

ともあれ緑色の材料を使わずに緑色を出したのはこれが最初である、とは氏の弁。スコッチウイスキー・カクテル・コンペティション優勝作品となったのもむべなるかなという出来ではあります。

さて。

オリジナルバージョンではホワイト&マッカイ・スペシャル・リザーブを使うことになっていますが、とりあえずスコッチ・ウイスキーならばなんでも可と言ってよいでしょう。
ただし、あまり軽いスコッチでは王者の風格は出てきませんので、ある程度ボディのしっかりしたスコッチを使った方がよいとは思います。

バーボンやカナディアンは、名前からしてもふさわしくないと思いますけれど、味覚的にもあまり満足のいくものにはなりません。

ホワイト・キュラソーは、いちおうコアントロー社のものを使うことを前提としていますが、他社製品でも結構です。ライムジュースは甘味料の入っていないものにしましょう。

ブルー・キュラソーですが、味覚的にはホワイト・キュラソーで十分補われていますので、純粋に色だけを気にして量を決めます。

シェイクする前に、シェイカーの中で軽くかき混ぜてみると感じがよくつかめるでしょう。

参考資料

Permalink | 2005/08/15 09:00


Cha.への伝言板

ボケでもツッコミでもご自由に。質問がある方もこちらへどうぞ。
でも、仮名で結構ですからお名前くらい教えてくださいね