Charlie's Cocktail BAR

  • −お酒は責任のとれる範囲で飲みましょう−

[玄関] [履歴] [メニュー] [検索] [本棚] [カクテル講座] [はばかり] [はしご]

ネバダ / Nevada

氷を詰めたシェイカーにダーク・ラム、グレープフルーツジュース、ライムジュース、シュガーシロップを注ぎ、シェイク。

飾りは特に必要ありません。

ネバダ州といえば、ふつうはまずラスベガスを思い出すのでしょうけれど、ぼくが真っ先に思ったのは「お酒に厳しいところ」ということ。今でもいわゆる「禁酒州(dry state)」なのか、実は調べるのをサボったのですが(ラスベガスがあるくらいだから全面禁止ってことはないかな)、かなり乾燥している州(dry state)であることとあいまって、なんでこんな名前をつけたものやらと、ついつい首を傾げてしまうカクテルです――

なんて、実は昔、仕事の打ち上げの席でY.Y.さんにレシピを訊ねられて、あれ、どうだったっけと首を傾げていたというのが真相ですがね(苦笑)

ちなみにネバダ州のイメージカラーは「銀と青」だそうです。

さて。

国内ではライト・ラムを使うレシピが主流のようですが、どうしてもいささかギスギスした感じが残るように思います。このレシピはニューヨーク系のレシピ集からとったものですが、ダーク・ラムを使った方がまとめやすいように感じました。

ダイキリなどとも共通しますが、シュガーシロップ、ないし砂糖は、やはり入れた方が無難のようです。特にライト・ラムを使う場合は、入れないと酸味と苦味ばかりが際だって、いただけません。

国内物のレシピではさらにアンゴスチュラ・ビターズ(ないしアロマチック・ビターズ)が入るのですが、ウチのようにダーク・ラムを使うのであれば省略しても問題ありません。もっとも、ライト・ラムでもごくごく軽いものを使うのであれば、入れてやってもよいでしょう。個人的にはグレープフルーツジュースの苦味だけで十分だと思いましたが。

参考資料

Permalink | 2005/08/15 08:59


Cha.への伝言板

ボケでもツッコミでもご自由に。質問がある方もこちらへどうぞ。
でも、仮名で結構ですからお名前くらい教えてくださいね