Charlie's Cocktail BAR

  • −お酒は責任のとれる範囲で飲みましょう−

[玄関] [履歴] [メニュー] [検索] [本棚] [カクテル講座] [はばかり] [はしご]

バーテンダーを目指したいのですが・・・私はあまりお酒い強くありません。やっぱりお酒に強くないと向いていないんでしょうか?

(by 見習い中)

バーテンダーはお客様にお酒を飲まされて酔っぱらうのが仕事じゃありませんから、お酒なんて飲めなくてもかまいません。実際、長く名の残りそうなバーテンダーの方にもお酒をまったく受け付けなかったという方がいらっしゃいますから、安心してお仕事(修行?)を続けてくださいね。

それよりも大事なのは接客業のプロとしてのもてなし方と、ことバーテンダーの場合はお酒が好きなこと。量は飲めなくてもかまいませんが、自分が売るお酒のことを知らずにいてはプロ失格と言われても仕方ありません。たとえば肉屋さんが豚肉と牛肉の区別がつかないようでは問題あるでしょう? コックさんが砂糖と塩の味の違いを知らなくては問題あるでしょう? あまり意識されることはないかもしれませんが、バーテンダーの場合も同じことです。せめて自分の売りたいと思っているお酒のことだけでも、好奇心をもってあれこれ調べてみてくださいね。においをかいだり、舐めてみるだけでも違うものです。

ともあれ、無目的に、ただお酒に強くなりたいからというだけで肝臓を「鍛えて」身体を壊すようなことだけはなさいませぬように。お客様の肝臓をあずかるバーテンダーが肝臓を壊していては「医者の不養生」というものです(笑)

(by Cha.)

Permalink | 2005/08/15 09:00


Cha.への伝言板

ボケでもツッコミでもご自由に。質問がある方もこちらへどうぞ。
でも、仮名で結構ですからお名前くらい教えてくださいね