Charlie's Cocktail BAR

  • −お酒は責任のとれる範囲で飲みましょう−

[玄関] [履歴] [メニュー] [検索] [本棚] [カクテル講座] [はばかり] [はしご]

カクテルにも、似合う年齢や性別はありますか?

別に、時と場をわきまえて飲むなら何を飲んだってかまいません。

でも、たとえばいい年をしたおじさま達が、静かなバーで「ショットガン」片手にイッキイッキと騒いでいたら?

一人淋しくお子様ランチを彷彿させるトロピカル・カクテルを飲んでいたら?

近くに妙齢の女性がいるのを承知で「セックス・オン・ザ・ビーチ」を連呼していたら?

「救急車呼んでおこうかしら」とか、「年を考えろ、年を」とか、「セクハラ!」とか、思いません?

いまはあえておじさんの例だけを挙げておきますが、ある程度以上の年代のバーテンダー氏の中には、若いのが違いもわからんくせに気取ってマティーニなんぞ注文するとムッとすると公言される方もおられますし、若い女性がこっ恥ずかしい名前のカクテルを頼むのをカウンターの向こうで苦虫かみつぶして聞いている方も少なくないはず。

ごく一般論を言えば、たいていのカクテルは若い人のためのものですし、落ち着いて、ある程度自分の限界がわかってしまうと、冒険心を失って一部のスタンダードくらいしか飲まなくなるのが普通ですから、カクテルに興味を持てる限りは「若さ」を自負して何でも飲めばよいとは思いますけれど。

自分にふさわしいカクテルを選べるというのも一種の教養ですし、少なくとも経験豊富な飲み手、経験豊富なバーテンダー氏はそういうところをちゃんと見ているものです。

背伸びを笑われたり幼さを笑われたりしつつも、いつかは恥ずかしくない飲み手になれるよう、お互い精進しましょう。

(by Cha.)

Permalink | 2005/08/15 09:00


Cha.への伝言板

ボケでもツッコミでもご自由に。質問がある方もこちらへどうぞ。
でも、仮名で結構ですからお名前くらい教えてくださいね