Charlie's Cocktail BAR

  • −お酒は責任のとれる範囲で飲みましょう−

[玄関] [履歴] [メニュー] [検索] [本棚] [カクテル講座] [はばかり] [はしご]

バーテンダーになりたいんですが・・・ただ今高校生。卒業した後、大学とかに行ったほうが良いのでしょうか・・・

(by こめつぶ?)

なにせこういうご時世ですから行けるなら行った方が職業選択の幅は広がると思いますし、バーテンダーになりたいという熱意がなくなったときには便利かと思いますが、こればかりはこめつぶ?さんのやる気次第としか言いようがありません。接客業は自分の天職であり、なかんずくさまざまな立場の人と触れあえるバーテンダーという職業こそ自分の求める仕事だと信じて邁進できるなら敢えて大学に行かずとも素敵なバーテンダーになれると思いますし、影ながら応援しますが、バーテンダーになりたいという気持ちばかりが先走って親御さんや進路指導の先生を納得させられないようなら、もう一度冷静に考え直した方が無難と思います。

というのも、おわかりかと思いますが「お酒は二十歳になってから」という法律の縛りがある以上、(少なくとも建前の上では)未成年者にお酒を扱わせる仕事はさせられないわけで、こめつぶ?さんがどんなにバーテンダーになりたいと希望しても、たいていの店では「二十歳になってからまたいらっしゃい」と言いますし、仮に雇ってくれたとしても下積み仕事しかさせません。そこで腐らず、それも勉強と思って日々頑張れるのであれば最低限の条件はクリアしていると思いますが……そうして二年間、頑張れますか?

バーテンダーの仕事って、外から見ているよりもずっと大変ですよ? カウンターの中での業務にしたって、自分と同い年の友人ばかり相手にしていられるわけではないですし、メインのお客さんは自分よりずっと年上の方になるでしょうからね。親御さんや学校の先生と、成績や進路以外の話で何時間も盛り上がれますか? 近所のおじさん、おばさんと挨拶以上の会話はできますか?

まあ、見知らぬ他人だから言えることというのも確かにあるものですが、まずはもっと身近な大人に相談してみることをお勧めします。この先バーテンダーの道を選ぶにせよ、選ばないにせよ、身近な人の有形無形の援助がなければ仕事なんてそううまく行くはずもないのですから。

(by Cha.)

ちなみに2002年10月にNBA主催の全国バーテンダー技能競技大会で総合優勝を果たした石垣忍氏は高校二年生でバーテンダーになることを決意して、進路指導の先生やご両親の大反対にも負けずに努力されたそうな。詳しくはフードリンクニュースの該当記事を読んでいただくとして、こういう方もいらっしゃると知れば、少しは後押しになるかしら。

(by Cha.)

Permalink | 2005/08/15 09:00


Cha.への伝言板

ボケでもツッコミでもご自由に。質問がある方もこちらへどうぞ。
でも、仮名で結構ですからお名前くらい教えてくださいね