Charlie's Cocktail BAR

  • −お酒は責任のとれる範囲で飲みましょう−

[玄関] [履歴] [メニュー] [検索] [本棚] [カクテル講座] [はばかり] [はしご]

私は口下手なのですが、バーテンダーとして仕事をする上で、「話し上手である」という事はやはり大切なことなのでしょうか?

(by 勉強中の新人)

バーテンダーは調理師であると同時に(普通は)対面販売員でもあるんですから、「話し上手」であった方が有利であることは間違いありません。ただし、口下手だから勤まらないということもまたありません。集まる客層が変わるだけ、集められる金額が変わるだけのことです。

話が下手でも、酒や料理を含めたお店の雰囲気が雄弁なら、それでいいんですよ。バーテンダーとの会話というものに重きを置く客は来ないでしょうけど、世の中には「かえってそういううるさい客が居なくていい」という人だっているんですし、ある程度経験を積んだ飲み手になれば手酌で好きなように過ごすすべくらい知っているんですから、邪魔にならない程度に、お客さんが面倒くさがることだけして差し上げるというスタンスで営業したっていいんです。

というか、食堂やレストランの類ってほとんどそうでしょ? よほどの高級店ともなればシェフなり板前なりが料理の説明をしにやってきたりもするでしょうが、その辺の定食屋さんで調理場の人と会話することなんて考えないのが普通です。

ただ、気のいいおじちゃん、おばちゃん、あるいはファストフード系のお店ならかっこいいお兄さん、可愛いお姉さんかもしれませんが、お店の方が素敵な笑顔で「今日はこれがおすすめなんですよ」なんて言ってくれたら余計な一品まで買っちゃうかもしれないし、ウェイター、ウェイトレスさんが時折気の利いた一言で楽しませてくれたら余計に長居しちゃうことはあるかもしれません。

バーの場合も、同じことですよ。口下手だとどうしても「それじゃもう一杯飲んでみようかな」という反応は引き出しにくくなってしまいますから売り上げには響くでしょうが、団体さんならもとよりバーテンダーとの会話なんてほとんど期待しないものですし、ひとりで来たからって必ずしもバーテンダーがつきっきりで会話の相手をしなきゃならないというものでもない。

口下手は何かと困りますが、「一人で語らせている分にはいくらでも語ってくれるんだけど、相手のことなんか見えちゃいない」なんてタイプよりははるかにマシです。

もちろん最終的には話し上手、聞き上手になれるよう訓練した方がよいのは確かですが、まずは口下手だからってことだけで萎縮しないことですね。うまく言えなくても、相手のことを気遣う、サービスしたいと思う気持ちさえしっかり持っていれば、伝わる人にはちゃんと伝わるものですよ。

(by Cha.)

Permalink | 2005/08/15 09:00


Cha.への伝言板

ボケでもツッコミでもご自由に。質問がある方もこちらへどうぞ。
でも、仮名で結構ですからお名前くらい教えてくださいね