Charlie's Cocktail BAR

  • −お酒は責任のとれる範囲で飲みましょう−

[玄関] [履歴] [メニュー] [検索] [本棚] [カクテル講座] [はばかり] [はしご]

結構前のことですが、4月24日に書いた「はずれワイン」の話を面白がってくださった方が結構いらっしゃるようなので、調子に乗って「はずれビール」の話も書きましょう。
なに、理屈は同じです。はずれビールというのは、要するに古いビール、保管の悪かったビールのことなのですから。

と、いきなり結論を書いてしまいましたが、はずれビールの買い方は簡単です。店晒しになっている、古いビールを買うこと。もっとも、冷蔵庫に入っていても信用なりません。回転率の悪そうな人気薄銘柄を選ぶか、できれば、一定の人気はあっても高くて手を出さない人の多いプレミアムビールを狙うといいですね。プレミアムビールの場合、たいていは味がしっかりしていますので、はずれたらすぐにわかりますから。

けなす人は多けれどいまだに人気の落ちないドライなんとかというのは、極論してしまえば「はずれる」以前に「味がない」ので、はずれようがないというか、はずれたのがわかりづらい、はずれてもあまり気にならない(苦笑)ので買わないように。

あ、これはあくまでも「はずれ」ビールを試すという観点では、ですよ。カクテルに使うビールとしてはドライなんとかは結構便利です(これ、ホント)。

味がしっかりしているものなら、いわゆる「発泡酒」でもかまいません。

缶ビールを買うなら、後学のために瓶ビールも一緒に買ってください。運がよければ、まったく別のはずれ方を体験することができます。

古いビールの見分け方は、わかりますよね? 少なくとも国内大手のものにはおおよその製造日が書いてあります。「古い」と言える目安は、夏場ならだいたい一月半から二月くらい前。冬場は、難しいですね。どうしても回転が悪くなるので三、四ヶ月前のものを売っていることもあるわけですが、回転がいいはずの夏場に比べて、はずれ方は少ないような気がします。

まあ、試しに飲んでみましょうか。「いつもの」に比べて、味がなく、やけに苦く感じたら、「はずれ」です。もしかすると心持ち色が濃いように感じられるかもしれませんね。くたくたになるまで煮たキャベツのゆで汁のような、いやなくさみがあるかもしれません。いつも通り注いでいるつもりなのに、妙に泡立ちが悪いような気がしませんか? プレミアムビールのはずなのに、ドライなんとかの味がしませんか?

心当たりがあったら、おめでとうございます。「はずれ」ビールに当たった、ということです。

なんとなくピンと来なかったけれど、どうしても「はずれ」ビールを飲んでみたいという方は、無理矢理ビールを「はずし」てみましょう。
ビールが「はずれる」原因としては、日光と、高温(に由来する熟成の進みすぎ)が双璧です。瓶ビールなら、直射日光のあたるところに放置しておいてください。閉めきった車の中や、アスファルトの路上など、非常に温度があがる場所に置くだけでも結構ですよ。何時間、あるいは何日かしたら、冷蔵庫で冷やして飲んでみましょう。見事な「はずれ」ビールになっているはずです。

なお、飲み残しは、もったいないので牛肉のビール煮にでも使ってくださいね。別に「はずれ」イコール腐ったということではありませんので、料理に使えばまず気になりません。もちろんカクテルにしちゃってもいいですよ。レッド・アイでも、シャンデー・ガフでも。

ともあれ、ドライ派の人も、アンチドライ派の人も、一度は「はずれ」ビールを「はずれ」ビールと認識しておきましょう。そうすると、銘柄によらず、そして古い、古くないにかかわらず、結構な確率で「はずれ」ビールを飲まされていることに気がつくと思いますし、どんな銘柄のビールであっても、「はずれ」ビールよりはおいしいことがわかるはずです。

――なんてことを書いているくらいですから、ぼくがまたうっかり「はずれ」ビールを買ってしまっただなんて、もう公然の秘密ですよね。

はあ……暑さに負けとらんで、仕事しよ、仕事。あうあう。

それはそうと、たまる一方の黒板の作業リストがまたひとつ増える。二月前に試してなんとなく納得できなかったクロンダイク・ハイボールの実験も早く終えたいとは思っているのですが……。

Permalink | 1999/08/10 09:00


Cha.への伝言板

ボケでもツッコミでもご自由に。質問がある方もこちらへどうぞ。
でも、仮名で結構ですからお名前くらい教えてくださいね