Charlie's Cocktail BAR

  • −お酒は責任のとれる範囲で飲みましょう−

[玄関] [履歴] [メニュー] [検索] [本棚] [カクテル講座] [はばかり] [はしご]

またDelhiさんからご連絡をいただきまして、あのUFOが、少なくともぼくがフェアリーサークルで見た真夏の夜の夢でなかったことだけは確認できました。
勝手ながら引用させていただきますと、

今日飲んだ,MURPHYSのスタウトの缶です.開けた瞬間,変な感触だったので缶の底を良く見ると…変な装置がついてました.缶の表面にも説明書きがありました.でもあの手の缶って,リサイクル大丈夫なのかな….リサイクルなんて,気にしないのかな….

とのことで、案外リサイクル問題がうるさくなったためにギネスあたりはやめてしまったのかもしれませんね。球体が入っているだけなら、缶の口を切れば取り出せますから(もっとも、いずれにしても面倒なのは確か。ぼくはおいしさの代償と思って我慢しますが)。

となると、問題は、マーフィーズのスタウトが日本に入ってきているかどうかかな。
マーフィーズそのものは結構な(というか、一世を風靡した)老舗ブランドなのですが、ぼく自身はウイスキーの方しか目にしていません。手の届くところにあった輸入代理店のカタログをパラパラ見た限りではそもそも入ってきた様子もないのですが、今度埋もれているカタログを引きずり出してきちんと確認してみましょう。

もうひとつ、またサイトの「文字化け」が発覚しました。しかも今度はJavaScriptのエラー付きです(陳謝&多謝>Shimada様)。

他にもエラーが出るよ〜という方は、遠慮なくおっしゃってくださいね。情報は多ければ多いほど対処しやすいですから。

今のところどうするのがよいか検討している段階なのですが(やはりJavaScriptのバージョンなどで振り分けるしかないのかな)、化け方からするとフレーム回りの問題らしく、ということは該当するファイルは数百はあるということで……すでに顔面蒼白。

七月に突貫工事に入って以来自粛していた水面下の大改訂作業もどこかで本格化させなくてはと、決意だけは新たにしましたが、まだ翻訳せねばならぬ原稿が500枚近くも残っているので、多少なりとも大がかりな更新ができるのは――早くて10月だろうなと思っています。あれやこれやで、あっちもこっちも遅れているんですよね。ここをご覧になっている関係者の皆様、すみませんです。

というわけで、いろいろリクエストもいただいているのにお応えできない状態が続いていて申し訳なく思っていますが、このサイトのことはずっと気にしていますので、あたたかい目で見守っていていただければありがたく思います。

それはそうと、ご挨拶を変更。
悪夢のお盆進行は一段落しましたが、しかしこのツケ、後々まで響きそうです。

Permalink | 1999/08/18 09:00


Cha.への伝言板

ボケでもツッコミでもご自由に。質問がある方もこちらへどうぞ。
でも、仮名で結構ですからお名前くらい教えてくださいね