Charlie's Cocktail BAR

  • −お酒は責任のとれる範囲で飲みましょう−

[玄関] [履歴] [メニュー] [検索] [本棚] [カクテル講座] [はばかり] [はしご]

「お返事が滞っていてすみません」第三弾。かおるさん(でよいのかしら?)へ。レゲエ・パンチ、海外の状況がどうなっているかはまだ調べていないのですが、少なくとも国内、特に東北地方では、東京で(?)言うピー・ロン、つまり「ピーチ・リキュール+烏龍茶+α(レモンスライス等)」のこと、だそうですね。この手のウーロン割りは一時期(特に居酒屋系のお店で)随分流行りましたし、飲み物としてはメジャーでないということはないと思いますが、もしかおるさんがお探しのレシピがこれであっているとしたら、名前は東北ローカルの可能性アリ。みなさんのところではどう呼んでらっしゃいますか?

――というか、この名前、どなたがつけたのかは知りませんけれど(間違いなく国内のどなたかなんでしょうが)、何なんでしょうね。ぼく自身、このレシピをはじめて知ったとき、ジャマイカのラムも使わんで、なにがレゲエ・パンチなの? って思っちゃったんですが(- -;)

あ、念のため。みなさんご存知かと思いますけれど、ジャマイカにはその名もズバリ、レゲエ・ラムというゴールド・ラムがあるということと、パンチというのはもともとインドの言葉で5を意味していたとかいうこと、念頭においておいてくださいね(^^;)

なにはともあれ、忙しいと言いつつ、15日に上の娘の七五三を済ませたことと、16日に(仕事の合間を縫って(^^;))きちんとボジョレー・ヌーヴォーを舐めたことだけは懺悔代わりにご報告。

実はいま、その残ったヌーヴォー(と、もう一本買い置きしてあった、別の生産者のヌーヴォー)を飲みながらこれを書いているのですが、なんと申しましょうか、これくらい日数がたった方が、ヌーヴォーはうまいですわ(笑) ワイン好きのみなさんなら先刻ご存知のことでしょうけれど、船便のヌーヴォーというのも来月(はるかに安い値段で)入荷するはずですから、お祭りという言葉に心躍ってしまう方は、一度は飲んでやってくださいませ。

せっかくの収穫祭なのですから、ね(^^)

Permalink | 2000/11/20 09:00


Cha.への伝言板

ボケでもツッコミでもご自由に。質問がある方もこちらへどうぞ。
でも、仮名で結構ですからお名前くらい教えてくださいね