Charlie's Cocktail BAR

  • −お酒は責任のとれる範囲で飲みましょう−

[玄関] [履歴] [メニュー] [検索] [本棚] [カクテル講座] [はばかり] [はしご]

仕事の方でトラブル続出だったものですっかりサボってしまいました。自宅勤務というのは通勤もないですし気楽な一面もあるのですが、逆にいえば年がら年中職場に泊まり込んでいるようなもので、サイトのケアもしなくちゃなあと思いつつも、つい仕事の方を見ちゃうんですよね。

というわけで、業務連絡。

Wine Advocate 日本語版第二号、諸般の事情により「大変」遅れております。見通しがついた段階でまたご連絡しようと思っておりますが、ご購読のみなさまには今しばらくお待ちいただけますようお願い申し上げます――

さて、ここからは気分を変えて。

みなさまお気づきの通り、以前から予告していた改装を始めました。というか、ここまではかなり前からできていたんですが(^^;)、仕事の現状を見るに予定していたものをすべて実現してから公開しようとするとゴールデンウイークあたりになってしまいそうなので、見切り発車したというところです。あまり硬いつくりになっていませんが、いじめないでやってくださいね。

それと、この数週間のうちにカキコしてくださったみなさん、お返事が遅れてすみませんでした。

まず灰音さんへ。チャージ料というのは、いろいろな定義ができると思いますけれど、(1)ほかの人ではなく自分がその席につくための敷金(というか礼金か)、(2)お通し代(お店によってはおしぼり代など含む)、(3)スタッフに適切なお酒を選んでもらうための相談料、(4)グラスや店内の飾り付けなど含む什器備品代、(5)おいしいお酒を飲ませてくれたスタッフに悩むことなく心付けを渡せるようにするための方便、(6)メニューに明記するカクテル代を安くみせかけるための方便、(7)席料まで払ったのだから飲まねば損と思わせるための方便……以下、自分が納得できる面白い理由を考えてくださいね(笑)

ひとつだけ言えるのは、ウチも含めたバーの運営にはマスターのお給金からコースターひとつ、トイレットペーパーひとつの代金に至るまで、万事にお金がかかっていて、どこかでそのお金を捻出する必要があるということ。その手段が、たとえば一杯一杯の酒代だったり、チャージ料だったりするわけですよ。

次、さおりさん。中国酒を使ってつくれるカクテル、とのことですが、うーん、すぐに思いついて、割と市井でも飲めそうなのは、桂花陳酒を使う楊貴妃くらいでしょうか。居酒屋に行けば杏露酒の××割りとかありますが、これはあくまでも中国風であって日本産ですしね(^^;) ただ、杏露酒をつくっている永昌源のサイトはとても参考になると思いますので一度ご覧くださいませ。

それから、前回とりあげたシシリアン・キッスの件で、『ザ・サントリーカクテルブック』にもレシピが載っているとのご連絡をいただきました。ということは当然『世界のカクテル大事典』(下)にも載っている、と(笑) 『世界のカクテル大事典』には日本に一件しか例がないと書いてありますが、海外にも例があったのは2001/02/16の更新履歴に書いた通りです。G_Dさん、わざわざありがとうございました。

最後、ご連絡をいただいたので、はしご集の Misty Blue (旧FOOD'S BAR MON)の URL を変更したのと、Million TIMES を新規追加しました。

なんとなくまだお返事し忘れているものがあるような気もするのですが、あとはもう少し落ち着いてからということで。

Permalink | 2001/03/04 09:00


Cha.への伝言板

ボケでもツッコミでもご自由に。質問がある方もこちらへどうぞ。
でも、仮名で結構ですからお名前くらい教えてくださいね