Charlie's Cocktail BAR

  • −お酒は責任のとれる範囲で飲みましょう−

[玄関] [履歴] [メニュー] [検索] [本棚] [カクテル講座] [はばかり] [はしご]

Wine Advocate日本語版第四号の仕事も一段落ついたのでご無沙汰していた飲み屋さんに顔を出してきたのですが……

なんというか、カウンターの中にいる人だって感情のある人間なんだってことを忘れてるんじゃないかしら、という言動を立て続けに目にし、耳にし、ちょいとへこみ気味。

こんなことを書くのもどうかと思うんですが、「お客様は神様だ」という一言は、接客する立場の人が自身や部下への戒めとして胸に刻む言葉であって、接客される客の側がわがままを通すための言い訳に強弁することじゃないですよね。

カウンターの中に入っているような人たちは、お店に来るお客さんがいつも上機嫌なはずがないことや、お酒の力で解放される何物かがあることは知っていますから、一般的な公共の場よりわがままや無作法に対する許容度は高いと思うのですが、それにしても、気持ちよくおいしいものを飲み食いしたかったら、まずは自分からお店の人の仕事に笑顔のひとつくらい見せてあげなくちゃ――とは自戒をこめて。

そんなの当たり前じゃん、と笑ってくださる方の多からんことを願うばかりです。

それはそうと、下の伝言板、少しだけ体裁変えました。もともと匿名でも投稿できるように、との心づもりで用意したものなので、ホントは名無しさんでもいっこうにかまわないんですが、名無しさんにメールアドレスまで書かれるとどうも気詰まりなもので。

というわけで、どなたかわかりませんが、カルアミルク、カシスソーダはそれぞれカルアというコーヒー味のお酒を牛乳で割ったもの、(クレーム・ド・)カシスという黒スグリ味のお酒をソーダ(炭酸水)で割ったもののこと。シェイカーを振っているときにストレーナーが外れなくなってしまったらって言うのは、ぼくも経験ありますので他人事とは思えませんでしたが(笑)、まあ、いまさら答えは書かなくてもご本人様はもう外せたことでしょう。

ついでながら、どのくらいの需要があるかわかりませんが、毎回不特定多数の方向けに更新のお知らせをするメールを出してみることにしました。ご希望の方はこちらの説明をお読みになった上でご利用くださいませ(現在はサービスを終了しています)。

最後、DDPのアブサンと、トレーヌのアブサン、2:1くらいで割るとうまいです。馴染みのお店の方の話では、1:1にすると昔のアブサンの味に近くなるとか。いずれにしても度数60度近いですが(^^;)、自信のある方はお試しあれ。

Permalink | 2001/05/16 09:00


Cha.への伝言板

ボケでもツッコミでもご自由に。質問がある方もこちらへどうぞ。
でも、仮名で結構ですからお名前くらい教えてくださいね