Charlie's Cocktail BAR

  • −お酒は責任のとれる範囲で飲みましょう−

[玄関] [履歴] [メニュー] [検索] [本棚] [カクテル講座] [はばかり] [はしご]

結局あれやこれやで二週間が空いてしまいました。いろいろとご伝言いただいていたのにお返事ためこんでいてすみません。その後、久しぶりに副業?であるVBプログラマとしての仕事をいただいて、業務用アプリケーションを組んでいました――というか、まだ組んでいるのですが、近況報告はそのくらいにして。

まず、はばかり。シェイカーが外れなくなったときの対処法についてレスをいただきましたので遅ればせながら掲載。

SHAPEさんに「アジアっぽいカクテル」というお題をいただきました。ぼく自身は先日読んだ本にも影響されて「燗酒(と、ひれ酒、骨酒)」とお答えしたのですが、さてどうでしょう。ぼくの根拠は、燗酒(と冷酒)のあの多様な温度表現が、お湯のことを hot water で済ませてしまう文化とは異なった、いかにもアジア(というか漢文化の影響を受けた国々)らしいお酒の楽しみ方なのではないかしらとか、やはりアジアと言えば米だろうとか、そのくらいのものなのですが、米といっても日本の、ねばりのある米だけでなく、以前ひと騒動を巻き起こしたタイ米、インディカ米の文化もあるわけで、日本酒と泡盛(こちらは現在砕いたタイ米でつくるのが普通です)の対比をしなくちゃいけないかしらとか、中国の麦文化はどうするかとか、そもそもそんな答えが求められているわけじゃないのでは――もっとカクテルらしいカクテル、というと変ですが、言いたいことはおわかりになりますよね――とか、この数日、ない頭を悩ませています。

みなさんも、なにかこれぞ、というのがあったらぜひ下の伝言板にコメントをお寄せください。

それから、これもはばかりネタなのですが、カクテルの中に入っているオリーヴを食べていいのかどうかについて、お返事ともども一件追加。

もうひとつ、無記名でアマレットが見つからないというコメントをいただいたのですが……ぼくとしては既出の解決策をご覧くださいとしか言いようがないです。「いろいろな店で探した」というのがどんなお店だったのかはわかりませんが、少なくともディ・サローノ・アマレットの輸入元はサントリーですから、サントリーのウイスキーを置いてある酒屋に頼めば取り寄せてもらえるはずですし、そもそもそんなに流通量の少ないお酒でもないと思うんですけれど、大都市圏以外ではそうでもないのでしょうか?

んで、最後。前からいろいろな方に尻をたたかれていたので、久しぶりに『五本でできるカクテル講座』に一題追加。自分の中でひとつの踏ん切りがついた部分があるので、時間が許せばこのまま一気に中級編を終わらせたいとは思っていますが、公約はしません。あまり期待しないで気長にお待ちあれ。

念のため書いておきますと、また全面的に赤を入れています。まだ落ち着かない――たぶん書き直す――部分があるので再読していただく必要はありませんけれど、備忘録として。

Permalink | 2001/08/20 09:00


Cha.への伝言板

ボケでもツッコミでもご自由に。質問がある方もこちらへどうぞ。
でも、仮名で結構ですからお名前くらい教えてくださいね