Charlie's Cocktail BAR

  • −お酒は責任のとれる範囲で飲みましょう−

[玄関] [履歴] [メニュー] [検索] [本棚] [カクテル講座] [はばかり] [はしご]

キール・ロワイヤルのことをおたずねのねぎまさんへ。ぼくはどちらかというとキール・アンペリアルの方が好きなもので、ロワイヤルの方はすっかり書くのをサボってしまっていたのですが。

シャンパンか(シャンパン以外の)スパークリング・ワインかというのはこだわり方の問題で、日本では、たとえば福西英三氏が『超カクテル講座』の中で「有名なシャンパンは熟成感を楽しむタイプに造られている。その熟成感のなかには酵母臭といったものも含まれている」と指摘したうえで「ぼくはこうしたカクテルにフルーティーさを求めたいから、シャンパンよりもスペイン産の“カバ Cava”を選ぶ」と書いておられるように、値段――シャンパンの場合は安いものでも1本2000円強はしますが、たとえばカバなら半額くらいですみますからね――以外の理由でも(シャンパン以外の)スパークリング・ワインが選ばれる場合が多いようにも見受けられますが、キール発祥の地はフランスなのだから当然キール・ロワイヤル/アンペリアルもフランス産のスパークリング・ワイン、それも特にシャンパーニュ産のシャンパンを使わねばならぬとか、キールより高級感を出すためのロワイヤル/アンペリアルなのだから下手をすれば普通の白ワインよりも安く上がってしまうスパークリング・ワインを使うなどもってのほかという意見も根強くあります。

ぼく自身は、カシスやフランボワーズを飲むためにロワイヤル/アンペリアルをつくるのであれば、わざわざ高くてクセの強いシャンパンなど買わなくても、格は落ちるかもしれませんが(でもソーダよりは格上の)安くて素直で使いやすいカバやらスプマンテやらを買えばよいと思っていますし、どんなシャンパンであれ、そのシャンパンそのものを飲みたくなって買ったはいいものの、万一飲み飽きてしまうようなことがあったら、カシスやフランボワーズを落としてロワイヤル/アンペリアルにすればよいとも思っています(もっとも、本当に硬派なシャンパンにカシスを落とすよりは、たとえばテタンジェのように軽くてやわらかいタイプのシャンパンにカシスを落とした方が数段うまいと思いますが)。

世間的には食前酒に分類されるようですが、ぼくにとってキール系のカクテルは食後酒、それも飲みかけ、飲み残しの(スパークリング)ワインをおいしく飲むための知恵ですから、グラス売りしてくれるバーやレストランで飲むなら話は別ですが、自宅で飲むなら「残り」をどうするかまで考えて――本当に口開けの一杯をカクテルにしちゃってもよいのですか? あわせる料理次第ですけれど、そのあとストレートで飲んだときに物足りなく感じるようなメニューだったりしませんか?――、一番おいしく飲めるときに飲んでくださいませ。

それから「キール」の発音。フランス語読みするにせよ英語読みするにせよ、あるいは関東近辺風の日本語読みするにせよ、キール単独ならやっぱり「キ」にアクセントが来るのが自然だと思いますが、後ろにロワイヤルだのアンペリアルだのと続くのであれば「キール」が平坦になってもあまり違和感ないと思います。ただ、ぼくとは違う地域に住んでいる方ならどう言うかしらと頭の中で何人か思い浮かべて口まねしてみましたが、地域によっては違う発音してはりそうですし、気にしてもしょうないんとちゃいますやろか(^^;)

もうひとつ、どなたかわかりませんがフレンチ・カクタスの作り方をおたずねの方へ。海外モノを調べても出てきませんし、『世界のカクテル大事典』もそれを裏付けていますから国産なんでしょうね。上田和男氏はフレンチ・コネクションとの関連を疑っておられるようですが、ともあれレシピはテキーラ+ホワイト・キュラソーを2:1でビルドとの由。念のためカクタス→カクタス・ジュース=テキーラのことで、もひとつおまけにカクタス・リーグ=アリゾナ州で春期キャンプを張る大リーグ・チームのこと。古めの辞書にはシカゴ・カブス、サンフランシスコ・ジャイアンツ、サンディエゴ・パドレス、ミルウォーキー・ブリュワーズ、アナハイム・エンゼルス、オークランド・アスレチックス、シアトル・マリナーズ、コロラド・ロッキーズと出ていますが、いまではさらにアリゾナ・ダイヤモンドバックス、シカゴ・ホワイトソックスが加わっています(残りのチームはフロリダでキャンプを張るグレープフルーツ・リーグに属します)。

Permalink | 2002/05/23 09:00


Cha.への伝言板

ボケでもツッコミでもご自由に。質問がある方もこちらへどうぞ。
でも、仮名で結構ですからお名前くらい教えてくださいね