Charlie's Cocktail BAR

  • −お酒は責任のとれる範囲で飲みましょう−

[玄関] [履歴] [メニュー] [検索] [本棚] [カクテル講座] [はばかり] [はしご]

賀状書きはまだ終わっていませんが、いちおう三が日も過ぎましたので、予告通りにまずは元日早々 kissmyearth@... というアドレスとともに「『バナナファック』というカクテルの作り方、何の御酒から出来ているかを至急に知りたくコメントさせて頂きました。」という伝言をくださったカナダさんへ。

最初にまじめなお返事をしておきますと、新年早々のぶしつけな電話にも快くご教示くださったカフェ・ジャマイカ(広島市中区)の店長様のレシピでは、「ショットグラスにバナナ・リキュール10ml、カカオ・リキュール10mlを注ぎ、牛乳で満たして、シュート」とのこと。

ぼくがエロサイトの惹き文句にめげずネット上を経巡った限りでは少なくとも二年くらいの歴史はあるカクテルのようで、国内だけでなくバンコクのバーにもおそらくは同じものを供するところが見つかりましたが、アメリカをはじめとする英語圏の記述は少なくともその名前ではない模様。というか、英語圏ではバンシーの名で知られるバナナ+白カカオ+クリームをシェイクというカクテルの方がはるかにメジャーですから、あえて似て非なるカクテルを別の名前で広める必然性があまりなかったのかもしれないのですが、それはともかく以下カナダさんへ公開苦言。良識あるみなさまにはお見苦しいところをお見せして申し訳ない限りなのですが――

正月早々 kissmyearth(俺の尻を舐めろ)な人にバナナ・ファックなんて言われた日にゃ、あなた、いくらぼくがこの手のカクテルに抵抗感が薄いったって「Fuck your asshole with a banana yourself(自分でしなさい!)凸(−−メ)」ですがな。知っていそうなお店にうかがってご教示願おうにも、当然ながらたいていのお店は閉まっていますし、正月早々エロ用語を検索エンジンにかけにゃならんだなんて、わびしいったらありゃしない。そもそもなんで元日に「至急」だったんで?

言葉尻の丁寧さと、ぼく自身の好奇心と、いまいましいメールアドレスと、こっ恥ずかしいカクテル名とを、天秤にかけて、結局三が日が明けた時点で調べ物に入りましたが、こんなメールアドレスにメールを送る気はしませんので、ここにさらすのみとします。

なお、いい機会なんで検索して見つからなかったときのメッセージに一筆追加しておきましたが、念のため、別にたいして怒っているわけではありませんよ。非常に尾籠な話なんで一から十まで解説する気はありませんけれど、このバナナ・ファックのレシピって、そう(Fuck...)考えると妙に符合するところがあったり、というのもネタのひとつなものですから。

……いや、現実のお店だったらとてもこんなことは言えないよなあ、と思います(^^;) お昼休み、食事中にご覧いただいた方には申し訳ない限りです。

話変わって、書籍版『五本でできるカクテル講座』ですが、旧年中にご予約いただいた方と、比較的身近な方への献本分から順に発送を始めております。年末に慌てて買い込んできた発送用封筒はもうなくなってしまったので今日明日のうちにもまた買い足しに行かなければならないのですが、我が家の在庫はまだ四百冊以上ありますので、一、二週間たってもお近くの書店の店頭に並ばないようでしたらお気軽にお声をかけていただければ幸いです。

ともあれ、正月疲れも出る時期ですので、みなさまお身体には十分お気をつけくださいませ。暴飲暴食事故のもと、ですよ。

Permalink | 2003/01/05 09:00


Cha.への伝言板

ボケでもツッコミでもご自由に。質問がある方もこちらへどうぞ。
でも、仮名で結構ですからお名前くらい教えてくださいね