Charlie's Cocktail BAR

  • −お酒は責任のとれる範囲で飲みましょう−

[玄関] [履歴] [メニュー] [検索] [本棚] [カクテル講座] [はばかり] [はしご]

生のまま食べてうまいネタってのもなくはないわけですが、そういうのはネタになるまでに(本人ないし第三者の)ものすごい手間暇がかかっているのが常だし、そうでない即席栽培のネタってのは、じっくり寝かせて調理してこそ食べられるものになるんだよなあと、いうのはやっぱりボヤキですかね(^^;)

この数日、ぼくにしては珍しく連日人と会っていたのですが、その準備と後始末に追われて書くべき原稿がいろいろ滞っておりまして。実はこれを書いている最中に日付が変わってしまったのですが、とりあえずぼくが寝るまでは7月29日だと強弁しておきます。

さて、すでにいささか旧聞となってしまいましたが、前回に引き続きスコッチ文化研究所のセミナーに行ってきました。今回のテーマはシェリーで、例によってたいした予習もできないまま、取り急ぎオックスフォードのワイン事典の該当箇所だけ斜め読みして参加してきたのですが、以前からの宿題でもあったクリーム・シェリーの比較試飲もできましたし(もっとも、クリーム・シェリーよりはペドロ・ヒメネスの濃縮されたナツメ味の方がはるかに印象的だったのですが。しばらくハマりそうです)、セミナーの前後にもいろいろとありまして、個人的にはたいへん収穫の多い一日だったことです。

ともあれ、ここにはスコッチのコンテンツがないにもかかわらず、スコ文研の方がサイトからのリンクを申し出てくださったので、遅ればせながらこちらからもはしごをかけさせていただきました。ついでに本棚も少し拡充しておいたのですが、これは焼け石に水だったかも。あるのがわかっているのに発掘できない本多しですから。

Permalink | 2003/07/29 09:00


Cha.への伝言板

ボケでもツッコミでもご自由に。質問がある方もこちらへどうぞ。
でも、仮名で結構ですからお名前くらい教えてくださいね