Charlie's Cocktail BAR

  • −お酒は責任のとれる範囲で飲みましょう−

[玄関] [履歴] [メニュー] [検索] [本棚] [カクテル講座] [はばかり] [はしご]

我が家は今年もうちわだけの夏なのですが、暑くなった途端に寝汗で身体を冷やしてしまったのか、夏風邪を引いたらしくて一日中ずるずるげほげほ言っています。

それはともかく、はばかりに新規投稿含めて何件かレスがついていますので更新してあります。

それから「店でアフターミッドナイトを出したいのでレシピ教えてください」という駆け出しバーテンのゴリさんへ。世界的にはてんでばらばらなレシピが広まっているので覚えて楽しいものじゃないんですが、国内に伝わっているのはウオッカ+カカオ+緑ミントを少し辛口にシェイクという、ウオッカ・グラスホッパーないしチョコレート・ミント・マティーニの一変種です。カカオ・リキュールは、白でも茶でもお好きな方を。色的には白の方が素直で綺麗ですが、このカクテルはアフター・エイトというカクテル(というか、舶来のミントチョコレート)が元になったんじゃないかという節もありますので、茶色の方でもOKでしょう。個人的にはこの名前にするならブランデー・ベースにした方がよかったんじゃないかと思いますが、ま、それはそれということで。

その道三十三年という中崎さんから「ベーリズ15MLGマニエル15MLお湯2oz ベルベットハマーと言うカクテルもあります」という伝言もいただいているのですが、ベルベット・ハンマーってふつう「ウオッカないしホワイト・キュラソー+カカオ・リキュールないしコーヒー・リキュール(特にティア・マリア)+クリームのシェイク」ではないかしら。もちろんクリーム+カカオないしコーヒー・リキュールの部分がベイリーズに変わったからとてさほど不思議はありませんし、ホワイト・キュラソーのかわりにオレンジ・キュラソーを使うというのもありかなとは思うのですが、ロングにしてしまうのはいささか違和感があります。かれこれ二十年前の小説になるヘイウッド・グールドの『カクテル』(のちにトム・クルーズが主演して最近DVDも出た映画の原作)にも登場するのですが、その訳注でもウオッカ+カカオ+クリームとなっているくらいで、ぼくがここで紹介するならショートにします――というか、数年来の宿題なので、体調が戻ったらメニューに入れ……られるといいなあ。

Permalink | 2003/08/07 09:00


Cha.への伝言板

ボケでもツッコミでもご自由に。質問がある方もこちらへどうぞ。
でも、仮名で結構ですからお名前くらい教えてくださいね