Charlie's Cocktail BAR

  • −お酒は責任のとれる範囲で飲みましょう−

[玄関] [履歴] [メニュー] [検索] [本棚] [カクテル講座] [はばかり] [はしご]

春先からあたためてきた企画がようやく出版社の会議を通ってほっとひと息――などと言っている場合ではなく、かれこれ半年もかけているのにまだ原稿が書き上がっていないもので(^^;)、これからめいっぱい追い込みをかけにゃならんのですが、それはさておき。

このところ妙に炭酸飲料についての検索やら質問やらが目に付くんですが、またテレビかどこかで妙ちくりんな説でも出てきたんでしょうか?(^^;) 「炭酸飲料は性質的にどうなんですか」なんて問われても、正直に言って質問の意図がよくわからないのでお答えのしようがないんですが。

ともあれ、先日も書いた通り、飲みすぎれば(炭酸というよりはあきらかに糖分過多で)害になりますし、適度に飲んでいる分にはもしかしたら疲労回復に役立つかもしれない(そういう説がある、らしいです。ぼく自身は眉唾だと思っていますが)。「性質」というとpHがどうこうという話をした方がいいのかもしれませんが、これは製品によってまちまちですから何とも言えません。ただ、炭酸飲料の甘味は伊達じゃない、何か(酸味や苦味)を隠すために大量の砂糖が入っているのだということは意識しておいた方がよいかもしれませんね。>ナホ/セカリスさん

それから、大名死亡さんからシュガーシロップの作り方について「家庭で作るなら、煮溶かすと鍋を洗うのが面倒ですし、小さなタッパーに砂糖と水を入れてレンジで加熱、というお手軽式もありますよ」という伝言をいただきました。うちには電子レンジがないので追試はできないのですが、なるほどこれは手軽そうですね。タッパーではなく醤油入れのような小瓶を使えばさらに便利かなとも思いましたが、その辺の追試はみなさんにおまかせします。

このところ国内の新刊はほとんど買っていないのですが、KUMAさんのところの制作日記を見てちょっとプレッシャーを感じたり(笑) 本棚の整理までするパワーはないんですが、とりあえずフランスからニネット・リヨン女史の本を仕入れたことだけは書いておきましょう。

それから、月刊たる九月号の書籍紹介欄に『五本でできるカクテル講座』を載せていただきましたのでご報告。

Seattle からの感想感謝です。>Artpunkさん

最後、良識あるみなさまにはお見苦しいところをお見せしますが、2003/08/24 14:39:35から2003/08/24 14:41:39にかけて、210.236.98.243 (kasa-tyu.okix.ad.jp)というアドレスから「知りたい事がねーじゃねーかよ」「あほ」「ばか」「しね」「つまんねー」「つまんねー」と立て続けに伝言をくれた「わいふるうふぃお」?さんへ。岡山県の恥をさらすのは自由ですがね、自分の欲しいものがなかったからって騒ぐのは三歳児以下ですぜ? 何を知りたかったのかはしりませんし、急に暑くなったからカリカリする気持ちもわからんじゃあないですが……ま、いーや。

Permalink | 2003/08/26 09:00


Cha.への伝言板

ボケでもツッコミでもご自由に。質問がある方もこちらへどうぞ。
でも、仮名で結構ですからお名前くらい教えてくださいね