Charlie's Cocktail BAR

  • −お酒は責任のとれる範囲で飲みましょう−

[玄関] [履歴] [メニュー] [検索] [本棚] [カクテル講座] [はばかり] [はしご]

わかっちゃいたけど、もう十二月。クリスマスだ正月だと、頭を悩ませる月の到来ですなあ。

というのはさておき。

「カクテルは常温でどのくらいもつのですか?もう2年くらいたつのですがだいじょうぶなのですか?」というさとりあにさんへ。この「カクテル」というのはサントリーのカクテルバーをはじめとする既製品のことだと思うのですが……なんともお答えしづらいなあというのが正直なところ。

飲めるか飲めないかのレベルで言うなら、まあ、大丈夫だろうとは思います。もちろん保管環境によってはのどの奥にざらつくような感じが残るようなものになっていることもありますし、乳脂肪分の含有量が多いものについては飲用に適さない(飲んだらお腹を壊す)ほど劣化している可能性もあるんですが、多少の果汁が入っているくらいなら案外飲めてしまうものですし、いまのところぼくは、それで困ったことになったことはないです。

とはいえ、もしこの質問がお店で売ってもよいかという趣旨なら、信用にかかわりますからやめた方がよいでしょうとお答えしますよ(^^;) 瓶なり缶なりのどこかにはだいたい一年を目安にした賞味期限が書いてあると思いますが、二年くらいたつということは(三年くらいの猶予がとられている)水割り製品を除けば確実にアウトでしょうから、廃棄するか、自家消費に回した方がよいでしょう。

ただ、家庭で飲む分には――特に日頃から缶ビールなどを飲んでおられるようでしたら――まず許容範囲内の違和感じゃないかとは思います。おいしくなかったら捨ててしまえばいいやというくらいの気持ちで飲んで、飲めてしまえばめっけもの。まずかったら、まあ、口直しでも飲んでください。できれば既製品ではなく、信頼のおけるバーで、本物のカクテルを(笑)

本当はこういうことを言っちゃいけないんでしょうが、やっぱりぼくにとって、既製品のカクテルってのは(や、缶ビールにしても何にしてもそうなんですが)飲み物に気(とお金)をつかいたくないときの一時しのぎでしかない、そこそこ飲めるけれど自分の飲みたいものに比べたら確実に「まずい」と決まっているものなんで(^^;)、それがちょっとくらいまずくなったからって気にしないんですよね。だから、書いてしまってから言うのもなんですが、上のアドバイスは参考程度に聞いておいてくださいませ。ぼくは、それでも捨てずに飲みますし、古いものでも劣化したものでも飲んできましたが、さとりあにさんがどうするかは、さとりあにさん次第です。

いや、うるさいことを言ってしまえば、そこらのバーで出されているカクテルだって、うかつなものを飲んだら怪しげなものが出てくるんですけどね(^^;) 言い出したらキリがないってことです。

明日からかみさんがフルタイムのバイトに出ることになったので、しばらくは主夫業の方も忙しくなりそうな予感――といっても、娘の幼稚園の都合があるので朝からきちんと起きにゃならんというのがネックになるくらいで(^^;)、子供を産むのと母乳をあげるのを除けばできない家事はありませんから大勢には影響ないはずなんですが、平日の日中は仕事の打ち合わせに出づらくなったことだけご報告。>関係諸氏

食用菊って、花びらのところだけをむしって(湯がいて)食べるんですね。かみさんが娘にねだられたとかで買ってきたはよいものの、夫婦とも料理の仕方を知らなかったのでがくのところだけ外してゆがいたのですが、まあ、苦いというかえぐいというか(^^;) 調べてから再挑戦して、今度はまあまあ食べられるものになったのですが、エディブルフラワーの勉強もしないといかんよなあと反省したことでありました。

Permalink | 2003/12/01 09:00


Cha.への伝言板

ボケでもツッコミでもご自由に。質問がある方もこちらへどうぞ。
でも、仮名で結構ですからお名前くらい教えてくださいね