Charlie's Cocktail BAR

  • −お酒は責任のとれる範囲で飲みましょう−

[玄関] [履歴] [メニュー] [検索] [本棚] [カクテル講座] [はばかり] [はしご]

気がついたらまたしても二週間。お待たせしていたみなさんには申し訳ない限りです――とかなんとか書いているとまた時間がなくなるので、ちゃっちゃか行きましょう。

muzzさん、ご伝言感謝です。この時期はモヒートよりジン・リッキーの気分なんですが、や、ほんと、早く夏が来てほしいものです(夏休みはなくても、ね(^^;))。

「お酒のいろいろなことを知りたいと思って」おられるまことさんへ。「最新のお酒情報やその動向などが乗っているお勧めの情報誌(週刊誌や月刊誌)があれば、教えて頂けますでしょうか?」とのことですが、ぼく自身あまり情報誌は見ない口ですので参考になりますかどうか。

ともあれ、一般向けならdanchuやらブルータスやらが比較的楽しめると思いますし、もう少し専門向けなら柴田書店の各種月刊・季刊誌、あとは年刊の『世界の名酒事典』(講談社)やら『カクテル・カタログ/レシピ』(成美堂)やらをおすすめしますが、なによりかにより、もしまことさんが大都市圏にお住まいならアンテナショップと呼ばれるたぐいの酒屋さんに通ってお酒担当の店員さんと仲良くなるのが一番の勉強になると思います。ネット通販しているお店の動向を見るのもいいですね。意識の高い小売店にはメーカーからインポーターから、毎日のように情報が流れ込みます。それをどう取捨選択していくかがお店の個性であり腕の見せどころなわけですが、たとえばそのとき、「そういえばこんなお酒を探している人がいたっけ」と仕入れ担当の人に思ってもらえれば、次に会ったときに情報なり現物なりが手に入る。その点では良質のバーもそうですが、バーの場合はメーカーやインポーターと直接取引しているわけではないのがふつうですから、どうしても間にひとつクッションが入ってしまう。情報誌の編集部の場合、大手メーカーから直接情報が流れ込むこともありますが、情報誌の広告欄なり記事なりというのは酒屋やバーの棚よりずっと「狭い」ですから、いきおい紹介されるのはメーカー/インポーターが売りたい主力製品/新製品ばかりになりますし、実験的な商品には陽が当たりづらい。

ま、一般の人にとってはそのくらい選別された情報の方がありがたいといえばありがたいわけですが、本当にいろいろ知りたいというのであれば、書籍を頼るより、バーや、その先にいる小売店、あるいはさらにその先にいるメーカー/インポーターに直接アタックした方が質のよい情報に当たりやすいですし、おもしろいです。当然ですね。

ただし、お酒の情報ばかり追っても駄目ですよ。「お酒」という筋を一本通したうえで、そこから派生するあれやこれやを追った方が結局は深い、楽しめる情報になることが多い(自戒自戒(笑))。というか、一次資料としては食い足りない情報誌や書籍の強みはこの引き出しの多さにあるのですから、本当は両者をうまく使い分けるのが一番なんでしょうが、その辺の話はまた別の機会に。

バーテンダーを目指したい高1さんへ。「僕は高1です。こうゆう質問いっぱいあったんですが、バーテンダーの修行、または雑用ってやっぱり高校卒業してからでないとやはり無理なんでしょうか?あと、バーに直接行って雑用から修行させてもらえるんでしょうか?今後の参考のためにもお願いたします」とのことですが、建前上は、させてもらえません。実際は……ま、場所次第でしょうね。絶対ないとは言いません。

ただ、こう言ってはナンですが、高校生のうちはほかにもっといろいろしておいた方がいいこと、あると思いますよ。や、学校の勉強をしなさいというんじゃなくてね。この時期じゃないと聞けない親の本音とか、この時期じゃないと読めない古今東西の古典とか、高校を出て、事実上親の束縛から離れたあとでは触れられないものって、結構あります。もちろんその一環として接客業のアルバイトをしたいというなら止めるつもりもないんですが、そこで夜のアルバイトをするのって、なんだか親なり何なりから逃げてるみたいで、オヂサンとしてはどうかと思う。もちろん家族なり親戚なりがそういう仕事をしていて、そのお店で「家事手伝い」をするというなら話は別ですが(^^;)、なんにせよまずは親御さんにたずねてみることですね。とりあってすらもらえないかもしれないですが、それもひとつの経験。そこからどうするかというのも立派な修行の一と思ってください。

「カミカゼのコメント書いてください♪」というコロ助さんへ。……えーと、「こぼれ話」的なものは『五本でできるカクテル講座』に該当の章やら小さなコラムやらがありますのでそちらをご覧ください♪(笑) 作り方のヒントが要るなら一言、「ポイントはホワイト・キュラソーを冷蔵庫(冷凍庫)に入れておくことだけですよ」と書いておきます。キュラソーさえ冷やしてあれば、比率は相当いい加減でも大丈夫ですから。

――というところで今宵は打ち止め。続きはまた(願わくば)近日中に。

Permalink | 2004/06/14 09:00


Cha.への伝言板

ボケでもツッコミでもご自由に。質問がある方もこちらへどうぞ。
でも、仮名で結構ですからお名前くらい教えてくださいね