Charlie's Cocktail BAR

  • −お酒は責任のとれる範囲で飲みましょう−

[玄関] [履歴] [メニュー] [検索] [本棚] [カクテル講座] [はばかり] [はしご]

本当ははばかりネタかなと思いつつ、「私お酒販売関係の仕事をしているのですが、先日お得意様よりコーヒーに合う(コーヒーに加えるという事だとおもうのですが)リキュールってなにかな?との質問がありました。カルーアとかベイリーズ位しか浮かばないのですが・・・。もっとアッというような物はないでしょうか?」というユカさんへ。

アッといわせられる答えになっているかどうかはわかりませんが、まずはちょっと視点を変えてみましょう。コーヒーといっしょに食べておいしくない食べ物ってありますか? 逆に、コーヒーとあわせるのが定番の食べ物は?

それが答えのヒントです。

コーヒーにもいろいろとタイプがありますし、人の好みもさまざまですが、コーヒーって、基本的には苦味と酸味、それからほのかな甘味と、状態によってはいささかの水っぽさを感じさせる飲み物ですよね? また、一口に苦味と言っても、焦げっぽい苦味はOKですが、青っぽさを感じさせる苦味は未熟な豆を連想させてNGです。

だから、まずはここにあげた条件を逸脱しないリキュールとあわせるのが吉。ナッツ系のリキュールはもとより、クリーム系もたいていは大丈夫でしょうし、フルーツ系もいくつかの例外を除いては問題なし。

逆に、薬草系のリキュール全般や、フルーツ系でも特に青臭さを感じさせるもの――より具体的に言うと、メロンやスイカのようなウリ系のリキュールなど――、それから、つなぎらしいつなぎを持たないホワイトスピリッツの類とはあわせづらいです。

フルーツ系リキュールのなかでも、甘味が薄いもの(たとえばライチ・リキュールや、あっさりタイプのピーチ・リキュールの類)や、度数が高いもの(コアントローやグラン・マルニエの類)との相性もあまりよくないんですが、これらはリキュールだけを垂らすのではなく、糖分をおぎなったり乳製品を加えたり温度を下げたりすることでぐんと飲みやすくなることが多いですね。ウイスキーのようなスピリッツ類も同じです(cf.アイリッシュ・コーヒー、カフェ・ロワイヤル)。

この辺のことを考慮したうえで、何をおすすめするかはユカさん次第ですが、ぼくならとりあえずアプリコット・リキュールあたりから試してみることをおすすめします。それではありきたりというなら、カシスやブルーベリー、あるいはもっと押し進めてシャンボールでもよさそうですね。分量比についてはリキュールの甘さ/度数に大きく影響されますから一概には言えませんが、とりあえずは缶コーヒーの甘さを目安にしてみるとよいでしょう。それでは甘すぎるということでしたらフルーツ系の香りは違和感のもとですから――苦いコーヒーは概して酸味を感じさせないものでしょう?――避けて、チョコレート系やバニラ系の香りをおぎなう方向に行った方が無難かも。

また、一般にコーヒーは、エスプレッソほどとは言わないまでも、苦味が強く出るタイプを選んだ方があわせやすいです。

参考になればよいのですが。

Permalink | 2004/10/19 09:00


Cha.への伝言板

ボケでもツッコミでもご自由に。質問がある方もこちらへどうぞ。
でも、仮名で結構ですからお名前くらい教えてくださいね