Charlie's Cocktail BAR

  • −お酒は責任のとれる範囲で飲みましょう−

[玄関] [履歴] [メニュー] [検索] [本棚] [カクテル講座] [はばかり] [はしご]

上を見ればきりがないし、下を見てもしかたがない。大事なのは自分の属する(属したい)集団のなかでの自分の立ち位置よね、と。

梅田望夫氏のブログ(@CNET Japan)経由で知ったスティーブ・ジョブズ@Appleのインタビュー記事を読んで、ふと士農工商という言葉を思い出す。Sales Guy とアップルの業績との相関関係はさておくとして、社会の、あるいは会社の統治法としての士農工商。この場合の士は意志決定機関たる企業トップだったり、矮小化すれば家庭の主たる稼ぎ手のことだったり。農は、企業の場合は何を当てるか悩ましいけれど、ヨーロッパ的な考え方をするならたぶん各人の背後にある家庭になるかな。工は Product People で、商が Sales Guy。もちろん企業の場合でも個人の場合でもそれぞれが単一の働きしかしていないなんてことはなくって、それぞれに得手不得手をかかえながらいろいろするんでしょうし、士農工商のそれぞれに、ろくでもないのもいれば、お手本にしたい人もいるのでしょうが、一般論として、この士農工商の仕組みって、よく出来ていると思うし、かれこれ二百六十年ほども続いた江戸の知恵として、ぼくらはもっと意識していった方がいいのかなと感じる。身分差を助長しようというのではなく、なにを大事にすればどのような集団がうまれるかという一例として。

なんてことを思っていたら、Passion For The Future経由で「切腹」という本を見つける。ふーむ。

仕事がらみでいろいろ調べているうちにこことは別に借りているサーバのひとつがなんだかおかしなことになっているのを発見。別にそのまま借り続けていても悪くはないんですが、ぼくが使っている機能のわりに重いという苦情も絶えなかったので乗り換えることに――したついでに、思い切ってここも乗り換えてしまうことにしました。ドメインそのものは変わりませんが、DNSの切り替えやらなにやらがありますのでこの先一週間くらいは接続が不安定になるかもしれません。あしからずご了承ください。

Permalink | 2004/10/22 09:00


Cha.への伝言板

ボケでもツッコミでもご自由に。質問がある方もこちらへどうぞ。
でも、仮名で結構ですからお名前くらい教えてくださいね