Charlie's Cocktail BAR

  • −お酒は責任のとれる範囲で飲みましょう−

[玄関] [履歴] [メニュー] [検索] [本棚] [カクテル講座] [はばかり] [はしご]

豚足と大根の煮汁(醤油+味噌)にカレーのルーを放り込んでうどんの出汁にしたら存外おいしかったとか、先日のリンク整備でカクテルタイプというサイトに行き当たっていろいろ感心していたとか、また何冊か本が届いているのにほったらかしになっているとか、ぼくはどうも閲覧時にクッキーの受け取りを管理するダイアログが出ないブラウザは使いたくないと思っているらしいことを再確認したとか(^^;)、一万件からのデータを修正するのは骨じゃのうとか、phpMyAdmin の翻訳はもう半日くらいかかりそうだなあとか、小ネタになりそうなものはそこそこあるのですが、それをエントリにしてしまうことに抵抗感を覚えるようではブログというものにはならないのだろうなあと嘆息。

それはさておき、大阪でバーテンダーをしてらっしゃるタケさんから、「最近のカクテルのデコレーションで、オリジナルカクテルに限ってですが”ブルーチェリー”というものを写真で見ました。ブルーというよりは綺麗な水色のチェリーだったんですが、是非使ってみたいと思い探してみましたが、大阪の方では販売はされていないようです。インターネットなどでも探しましたが、見当たりませんでした。自分で作れるのかなと思い、ミントチェリーを一晩食塩水に漬け込み色素をできるだけ除去し、エキス分の高いブルーキュラソーや、他に青い色のリキュールに一週間漬け込んだのですが、写真でみた水色のチェリーはできませんでした。同業者の方々に聞いても、ご存知の方はおられませんでした。写真でみたカクテルは全て関東のバーテンダーの方が創作されたものなので、関東の方では販売されているのでしょうか?」との伝言をいただきました。

たぶんリーガロイヤルホテル東京のセラーバーにお勤めの石川信行氏(ブルー・チェリーを使った「エイジアン・ハリケーン」というカクテルをひっさげて、シンガポール・ホテル協会主催の第12回アジア・パシフィック・バーテンダー・カクテル・コンペティション(2001年8月15日)に出場、総合優勝をさらった方)におたずねすれば一発なんだろうなあと思いつつ、とりあえずありそうなところに何件か電話かけてみたのですが、行き当たらず。というか、都内の某高級食材店に電話したら「ある」という話だったので足を伸ばしてみたら、実店舗の方では「ない。緑のチェリーと混同されたのでは」とのお返事でいささかがっくり。わざわざ緑ではなく青のって断ったんだけどなあと、釈然としない思いを抱えつつ、たしかに記憶よりはるかに狭くなっていた店内をぐるりと回った限りでは見つからなかったので、すごすごと退散してきたのですが、未確認情報では千葉のメーカーさんがつくっているとかいないとか。海外でも出回っているらしいことは確認できていますので(たとえば「blue cocktail cherry」で検索するとぽろぽろ引っかかってきます)、バーテンダーのみなさんが自作しているということはなさそうですが……

ともあれここをご覧の方でブルー・チェリーを売っているお店をご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教示いただければ幸いですm(__)m

ちなみにその「エイジアン・ハリケーン(Asian Hurricane)」というカクテルのレシピ。なんでかネットに落ちているのはほとんどが「アジアン・ハリケーン」なんですが――ま、ぼくも上ではあえて「アジア」と書いたくらいですから、仕方ないのかな(^^;)――バカルディのカルタ・ブランカが20ml、ボルスのクレーム・ド・フレーズ(ストロベリー・リキュール)が20ml、パイナップルジュースが10mlにモナンのココナツシロップが10ml、トニックウォーター適量に、レモンのかつらむき、ライムのスライス、くだんのブルー・チェリー、だそうな。

この場合は役に立たないでしょうが、単純に青いものを沈めたいだけなら、以前テレビでも紹介された井山計一氏の「青いリンゴ」カクテルのように、青い飴玉を使うという手はありますね。「川越の」とかいう指定をつけなければ、ブルー・チェリーよりははるかに入手が楽なはずです(笑)

Permalink | 2004/11/14 09:00


Cha.への伝言板

ボケでもツッコミでもご自由に。質問がある方もこちらへどうぞ。
でも、仮名で結構ですからお名前くらい教えてくださいね