Charlie's Cocktail BAR

  • −お酒は責任のとれる範囲で飲みましょう−

[玄関] [履歴] [メニュー] [検索] [本棚] [カクテル講座] [はばかり] [はしご]

いささか古い記事にレスをくださった名無しさんへ。

アマレットってボッチボールが一番活かされますよね?

個人的にはコットンフラワーもすげぇ好きですけど、アマレットらしさが活きるのはこれかな?

んー、個人的な感想をいえば、ボッチボール(アマレット+オレンジジュース+ソーダ)というのはアマレット(の、特に香り)が苦手な人のためのカクテルだと思いますよ。いまは舌も鼻もまったくきかない状態ので追試しようとは思いませんが、基本的にリキュールのオレンジジュース割りはほとんどがそう。オレンジジュースの強い味や香りでリキュールの個性的な香りをいくらか殺して飲みやすく、というのがポイントだと思います。

もちろん逆に、オレンジジュースにリキュールを少量垂らして風味をつけるという使い方をすることもありますが、それをもってリキュールを活かすという言い方はしませんよね。どんなに量が増えようと、この場合のリキュールはあくまで従ですから。

アマレットらしさが活きるという意味では、やはりゴッドファーザー(スコッチ+アマレット)あたりが定番でしょう。コットン・フラワー(テネシー・ウイスキー、オレンジ・ヒーリング、アマレット、オレンジジュース、グレナディン)も悪くはないと思いますけど、ぼくにはちょっとごてごてしすぎかな。アマレットをベースに、ということであればもう少し軽くて香りの華やかなリキュールとあわせてみるのもおもしろいと思います。名前はさまざまですが、マリブとの組み合わせも定番。イタリアにその名もアマレッティというお菓子があるのですが、そのトッピングにもココナッツが使われることがあるのですね(必ずではないですが)。これにバニラ香を加えるためにちょこっとカカオ・リキュール(と、味をやわらげるためのクリーム)を加えたものはアマレット・ジョイ(Amaretto Joy)なんて名前で知られています。慣れないとちょっときつい香りに感じられるかもしれませんが、お菓子ともども、興味があったらお試しあれ。

Permalink | 2006/03/17 01:10


Cha.への伝言板

ボケでもツッコミでもご自由に。質問がある方もこちらへどうぞ。
でも、仮名で結構ですからお名前くらい教えてくださいね